HOME > 弁護士・弁理士 一覧 > 松任谷 優子 弁理士

松任谷 優子  弁理士

 
松任谷 優子 弁理士

主な取扱分野

バイオ/医薬/化学

登録、所属

日本弁理士会
日本ライセンス協会
 

経歴

 
1986年3月

東京大学薬学部卒業

1988年3月

東京大学大学院薬学部生命薬学(免疫学教室)修士課程修了

1988年4月
-2001年3月

(株)資生堂 医薬品事業部 ライセンスG、及び特許室

   在職中 弁理士資格取得

2001年4月
-2008年6月

平木国際特許事務所

2008年7月-

大野総合法律事務所入所(パートナー)

2008年12月-

東北大学特任教授(客員)

2016年8月-

先端医療振興財団 臨床研究情報センター 客員上席研究員

 

著書・論文・学会発表

◆「医療と特許-医薬特許発明の保護と国民の生命・健康維持のための制度的寄与-」
  「[IIP研究論集14]」知的財産研究教育財団編 創英社/三省堂書店

◆「(論考)幹細胞関連出願の審査に関する日米欧の三極比較」  (パテント、2009年7月号、共著)

◆「医薬発明の進歩性について-最近の審決・判決を中心にして」
 (日本知財学会第5回年次学術研究発表会、 2007)

◆「iPS細胞技術における国際競争力と特許戦略」
 (日本知財学会第6回年次学術研究発表会、 2008、石埜正穂・松任谷優子)

◆「幹細胞関連特許の審査に関する日米欧の三極比較研究」
 (日本知財学会第7回年次学術研究発表会、 2009)

◆「知的財産リレー連載 遺伝子は特許対象か?--Myriad事件」
 (Pharm stage 10(11), 2011 Feb 技術情報協会、松任谷優子・Ryan B. Chirnomas)

◆「幹細胞治療における知財権の状況:特許権侵害にどう対処するか」
 (臨床評価 Vol.40, Suppl XXXI 2012、松任谷優子)

◆「再生医療の周辺技術-試薬,培地の知的財産」
 (Pharm stage 16(4), 2016 July 技術情報協会)

 

講演

◆2009年 3月 (財)先端医療振興財団主催 第7回トランスレーショナルリサーチ研修会
「細胞製剤等の特許化のポイント」

◆2009年 7月 九州大学病院高度先端医療センター、九州大学知的財産本部、(財)先端医療振興財団主催
第1回知的財産セミナー 「細胞製剤等の特許化のポイント」

◆2012年 3月 平成23年度 文部科学省 橋渡し研究支援推進プログラム 成果報告会
「幹細胞治療における知財権の状況」

◆2012年11月 JPAA医薬・バイオ特許事例研究会「米国特許法101条の行方」

◆2014年 6月 がん研セミナー「臨床研究における遺伝子特許の考え方と対応」

◆2014年 9月 日本心臓病学会「臨床研究の実施の基本-知的財産管理-」
               同上   「利益相反について学ぶ-医学関連発明と倫理・利益相反-」

◆2014年10月 学際生命科学東京コンソーシアム主催
平成26年度 医療イノベーション人材養成プログラム「医療と特許(先端医療を中心として)」

◆2015年9月 UNITTアニュアル・カンファレンス2015「大学知財は何を管理すべきか」

◆2016年8月 ARO協議会第4回学術協議会「アカデミアにおける先端医療分野の知財管理」

◆2017年3月 シンポジウム「医療と特許~医薬特許発明の保護と国民の生命・健康維持のための制度的寄与」知的財産研究所・明治大学知的財産法政策研究所共催

 

活動

◆1990年~       日本ライセンス協会会員
◆2006~2008年度  日本弁理士会バイオライフサイエンス委員会委員
◆2007年度       特許庁審判部進歩性検討会メンバー
◆2008年度       特許庁審判部特許性検討会メンバー
◆2008年~       日本弁理士会バイオ事例研究部幹事
◆2009年度       文部科学省 橋渡し研究推進プログラム 審査委員
◆2014年度       医療イノベーション人材養成プログラム講師
◆2015~2016年   知財研「医薬発明の保護と国民の生命・健康の維持に関する
               国内法的および 国際法的諸問題に関する調査研究」委員

 

使用言語

日本語、英語
 

PAGE TOP

 
  • 商標/意匠
  • 中国知財財産権
  • 中国業務
  • バイオ特許
  • 企業の知財戦略
  • 求人情報
  • リンク集